車買取に必要な3つのこと

車を売却するときに必要な知識

車を売却する際は、必要になる事が3つあります。それは売却を有利に進める為のポイントであったり、買取の手続きに必要なものであったり様々ですが、いずれも車をスムーズに売るために大切な事です。

 

1つ目は、車買取店の比較です。同じ車でも買取店によって買取価格が異なりますので、買取価格の比較が大切になります。一括査定サイト等を利用すれば買取価格の比較が簡単にできますが、手数料等の違いもあり必ずしも一番高く買い取ってくれるお店がお得とは限りません。利用候補店の中から、最終的に受け取れるお金の額を調べて絞り込んでいくと良いでしょう。

 

2つ目は、買い取りに必要な書類を準備しておく事です。車の買取には意外に多くの書類が必要で、自分で準備しなければいけない物も多くあります。例えば、自賠責保険証明書は車買取を利用する際に必ず確認される書類です。また、車検証や印鑑証明や納税証明書、場合によっては住民票も必要です。

 

3つ目は、買取価格を高める準備です。買取の前に車を洗車しておいたり、車内を清掃しておく事は査定してくれるスタッフの印象を良くするものです。また、自分でできる範囲の傷を修理しておくのも大切になります。付属品や改造の際に余った純正パーツ等も一緒に買い取ってもらえば、より買取価格を高めた状態で車を売却できるでしょう。準備には多少手間がかかる事もありますが、手間をかけた分だけ買取価格は高まりやすくなります。

車の売却する際の手続きについて

車を買取店で売る場合、一連の手続きがありますので事前に全体の流れを把握しておけば、よりスムーズに取引できるでしょう。

 

まず、車買取の利用は車の準備とお店の選択から始まります。車の準備として洗車と清掃、自分でできる範囲の修理を済ませておきましょう。必要書類と付属品とを揃えておき、改造した場合は純正品のパーツも一緒に買い取ってもらえるよう準備しておけば問題ありません。一括査定サイトを利用して複数のお店を比較すれば、買取価格の高いお店を探しやすくなります。手数料等を計算して、高価買取のお店を絞り込んでいきましょう。利用するお店を選んだら、利用申し込みをして査定を受ける段階になります。

 

査定を受ける際は、車買取店に直接持ち込む以外にも出張査定をしてもらう方法があります。利用しやすい方法を選んで構いませんが、出張買取の場合は出張費用がかかったり、買取価格に影響する場合がありますので事前に確認しておきましょう。基本的に一括査定で申込んだ場合、出張査定は無料です。査定が終わったら査定価格を提示してもらえますので、取引を進めるかキャンセルするかを決める段階になります。

 

査定結果に満足できるなら、迷わず手続きを進めましょう。車の買取価格は基本的に年月が経つほど下がっていきますので、次に査定してもらった時は査定価格が大きく下がっている可能性もあります。できるだけ早く買い取ってもらうほうが高価買取に繋がりますので、特に理由が無ければ買い取ってもらうのがおすすめです。車両と名義変更書類を引き渡して、場合によってはローン残金を支払い終えた段階で買取金を受け取る事ができます。